×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ホルモンバランスの乱れからくるニキビ

ホルモンバランスの乱れからくるニキビ

今まで、学生時代もずっとニキビに悩まされたことなんてありませんでした。

 

しかし、20代半ばに長女を出産してから急にニキビができるようになってしまいました。
妊娠、出産を経て、体のホルモンバランスが乱れたことが原因だと思います。
産後の変化はニキビだけではなく、頭皮の状態も悪くなり、抜け毛や過剰な皮脂にも悩んでいました。

 

アクネケアの洗顔料や化粧品を使っていましたが、効果はイマイチで、特にアゴの周りのニキビがひどく、笑うと痛いほどでした。
その頃、避妊目的で低用量ピルを飲み始めることにしたのですが、この低用量ピルとの出会いにより辛いニキビから開放されることとなったのです。

 

低用量ピルを飲み始めてから、吐き気などの副作用がありましたが、徐々にひどかったアゴ周りのニキビが減ってきたことに気づきました。
半年ほど経った頃にはほとんど綺麗な状態になり、抜け毛の方も減ってきたのです。

 

おそらく、低用量ピルでホルモンバランスが整い、ニキビや抜け毛が改善されたと思うのですが、その効果にびっくりしました。
ニキビ化粧品を探している方は、先に低用量ピルをお試しください。

 

ただ、低用量ピルには副作用があり、たまたま私の体には合っていたようですので、ニキビに悩む全ての人が改善するとは言えないと思います。"